ハリー・ポッターと謎のプリンス

最初は梅田で観ようと行ったらば、チケット売り場のあまりの人の多さにメゲた私。
気を取り直して西北へ、案の定空いてて快適。
タダ券消化都合等で観に行きました、ハリポタ・謎のプリンス

画像


もう前作観てなかったら、全くついていけない仕様になってしまった…。いや、観てたからいいけど。
しかもホラーっぽいし、増々込み入ってるしで、小学生低学年のファンは大丈夫なのかと心配。いや、余計なお世話だけど。

そして半分分かってた通り、思春期でございます。
正直恋愛場面に興味ないので、内容の三分の一はどうでもいいよ~~…な感じ。そう、恰もガラスの仮面で紅天女云々より、マヤと紫のバラの人と桜小路(イルカのネックレスに絶句)の恋愛に重きが置かれつつあるように(ほんとに作者存命中に最終回はくるのか?)。

閑話休題。

原作を端折るのはいつもの通り。特に今回は、あの厚い原作をよく1作でまとめたな~という感じかな。でもヴォルデモートの誕生ら辺は、描写して欲しかったけど。でもって、6巻は実はまだ読書途中なんだけど(偉そうに言うなよ)。
しかしいつも映画化されて助かるのは、原作で描かれていることを映像化してくれること。なるほど、実際に視覚化されるとこうなのね、と読書が促進されることも多々ありつつ。

で、まあロンもハーマイオニーもドラコも大きくなったなあ、と。
双子の兄弟もおっさんになってたし、スネイプ先生も年とったわ…と思ったり。
あとネヴィルがボーイ役だけの登場て(涙)。ネヴィルは、5巻(不死鳥の騎士団)で奮闘したり、4巻(炎のゴブレット)でも何とか昆布を教えたり、結構原作では活躍してるのに映画では反映されず、悲しい限り。とほほ。
好きなルーピン先生もちょこっとしか登場せず、少年期は出てきても、復活したヴォルデモートも登場しなかったなあ。そしてデビット・シューリスに、レイフ・ファインス(何気によく出てるねえ)が演じてたってのに、ほんと今更気付いた次第。

しかし学校も閉校になり、先生もいなくなり。
好きな授業シーンがなくなるのは残念だけど、スネイプ先生の本心と過去は気になるし、ヴォルデモートとの決着もいよいよかと気になるし。
続きは、来年の夏と再来年の秋(だっけ?)までかあ。いや、ここまできたら付き合うけどね。